©伝統素材伝承支援協会 「道」というもの

「道」というもの

有名なアントニオ猪木の「道」。


ちなみに「道」。アントンの自作の詩ではないんです。
清沢哲夫の「道」がモチーフ。

 此の道を行けば どうなるのかと
 危ぶむなかれ 危ぶめば 道はなし

 ふみ出せば その一足が 道となる 
 その一足が 道である
 わからなくても 歩いて行け 行けば わかるよ



ちなみに猪木先生のは

 この道を行けばどうなるものか。
 危ぶむなかれ、危ぶめば道はなし。

 踏み出せばその一足がみちとなり、
 その一足が道となる。
 迷わず行けよ、行けばわかるさ。

 
すみません。私が道からそれました。
続きはまた明日。