©伝統素材伝承支援協会 七島いの田植えが始まる 150 150

七島いの田植えが始まる

大分県では国内で唯一、
七島藺(しちとうい)の栽培を行っています。

一般的な畳につかわれているのは藺草(いぐさ)。
 イグサ目イグサ科の植物です。
そして七島藺は
 カヤツリグサ目カヤツリグサ科。

最近流行の琉球畳
縁(へり)なしの畳のことを呼ぶように解釈されていますが
本来は七島藺を使った畳のことをそう呼ぶのです。
だから縁があってもなくても、七島藺を使った畳が琉球畳

生産農家さん、今年も田植えを開始。
その姿を取材させてもらいました。
まずは苗の切り分けから。
七島藺は竹のように地下茎で広がる植物です。
そのため、苗も1株ごとには分かれていません。
オカアサンたちが手際良く、植え付けにちょうど良い大きさに切り分けていきます。

切り分けの終わった苗は作業しやすい束にくくられ、準備完了。

植え付けしやすい長さに切りそろえて・・・

いよいよ田植え開始です。植え付けは全て人の手で。
苗が不規則過ぎて、機械では対応できないのです。


かなりの重労働です。
一昔前は無数にあった栽培農家さんも、今では10軒に満たないまでに。
今年限りでおやめになる農家さんもあるそうで、
後継者も居らず、残り数件でごく少ない量が栽培されます。

土や漆喰の壁に畳の部屋。
当たり前のものが失われようとしているのかも知れません。
これからも、七島藺についての報告を逐次行っていきますね。