©伝統素材伝承支援協会 漆喰も日本人のスイッチでしょうか?

漆喰も日本人のスイッチでしょうか?

ダイドードリンコさんの「おいしさで話をしよう」VOL.04 5月号にて
素敵な言葉が載せられています。

この「おいしさで話をしよう」ですが、これまで
宮大工、紙芝居師、模型師と、日本人の琴線に触れるどころか、
琴線をかき鳴らす話題と人々を取り上げて紹介くださっています。

さて、そんな「おいしさで話をしよう」VOL.04 5月号 から心に響く一言。

日本で育まれたものには
 日本人の心を動かすスイッチがある

そうです!ホントにその通りです。
ワタシもそのスイッチ、作れるように努力していきたいと思います。

漆喰は左官さんの腕を通して初めて仕上がるのですが、
目にして、触れて、心が動くような漆喰。

そのお手伝いを担えるよう頑張ってまいります。