©伝統素材伝承支援協会 苆(すさ)の原料 150 150

苆(すさ)の原料

何の写真でしょうか?
って、タイトルに出てしまっていますが。


皮麻(かわま)


 大麻の皮を剥いだものです。
 ここから苆(すさ)を作ったものが生濱すさと呼ばれるそうです。
 すさも幻なら素材も幻。
 目にすることができるのは文化財くらいでしょうね。


   
















そしてもう一つ

粗苧(あらそう)

 苧麻(ちょま/からむし)の皮を剥いだもの。
 この素材もすさも入手は困難です。
 さすがに展示品の写真で…。

日本古来の漆喰は、これらの素材を苆(すさ)にして
作られていたのです。
まず、現代では再現が難しいものの一つです。

「昔から変わらない漆喰!」「日本の伝統!」
な~んて謳っている製品、多いですよね?

中身が違うのですから、「本来のモンではない。」とどこかで説明すべきです。

ちなみに私たち、
 お勉強してからは壁用漆喰に使うすさの表記を
 「さらしすさ」へ変更を進めています。
 現代の素材でも、すさ職人さんの気持ちがこもった弊社特注品なのですが…。

もっと詳しく知りたい方は下記の過去ログか、師匠のサイトへ。



麻に関する過去ログ

漆喰には麻が必要ですが…


過去のログをテーマ別に表示