©伝統素材伝承支援協会 口蹄疫対策 どこまで続くのか… 150 150

口蹄疫対策 どこまで続くのか…

口蹄疫に新たな情報。
これまでの被害地域に加え、都城市、そして日向、宮崎まで?
やはり伝染は止められなかったのでしょうか。

6/10現在の市町村別発生状況



私たちの工場がちょっと落ち着いた…と書いたのが、ほんの1週間前。
昨夜のニュースをうけ、社員同士で深夜に電話会議。
もう、休むことは諦めなければなりません。
少しでも多くの消毒用石灰をご用意しなければ。


今日も一同、早朝から戦々恐々とした面持ちで
刻々と発表される情報をもとに製造調整の打ち合わせを行っていました。

ここで怖いのは隣県、鹿児島への伝染。
養豚日本一の畜産王国でもある鹿児島にうつったら…


梅雨前のこの時期、漆喰を作る我々にとっては繁忙期
漆喰をお待たせしていたお客様へ製品をお届して
安堵の声を聞いたばかりでしたが…

あらためて、
南九州へ出来る限りの消毒用石灰の供給努力を続けることにしました。

  また、漆喰が不足するかもしれません。
  代理店様、建材店様、再度ご協力お願い致します。


「儲かってる」などと云わないでください。
私たちは必要以上の時間とコストをかけ、能力以上の供給を続けています。
実際のところ、利益は度外視せざるをえません。
社員も製造機器もオーバーワークに悲鳴をあげ続けています。

事実、建築材料を主に取り扱うワタシのエリアでは
発生以降、例年の売り上げと比べ、何割も下回っています。
販売するための製品がご用意出来ないのですから。

それでも、命を繋ぐお手伝いのためです。















今日の午後、漆喰をお求めのお客様から
 「口蹄疫、まだまだ頑張らなきゃね。仕事は延ばしても待っててやる。」
と、励ましの言葉をいただき、恥ずかしながらちょっと泣いてしまいました。

我々に出来ること。
それを理解して下さる方々。

甘えてはなりませんが、お客様と向き合う姿勢を改めて学びました。