©伝統素材伝承支援協会 漆喰と古墳壁画 よみがえれ飛鳥美人 150 150

漆喰と古墳壁画 よみがえれ飛鳥美人

以前にもフレスコ画のオハナシで紹介しました、
壁画LABOの主宰、大野彩先生から案内をいただきました。

大野先生は高松塚古墳 古墳内部漆喰調査にも関わられたほか、
三鷹の森ジブリ美術館の天井画に携われるなど、

私たちにとってはフレスコ画の先生でもあります。

お便りは、携わられたお仕事の模様が、NHK教育テレビで放送されるとのご案内でした。

サイエンスZERO
よみがえれ飛鳥美人~高松塚古墳の壁画の修復に挑む

6月19日(土)22時~22時35分 NHK教育
(再放送)6月25日(金)18時55分~19時30分 NHK教育

番組中、ブオン・フレスコと高松塚の壁画の関係を捉えようとする部分で、我々、多摩美術大学フレスコ共同研究で撮影した「ブオン・フレスコ」と「高松塚」のビデオを一部使用しました。
また、壁画LABOにカメラが尋ねてきて、大野が少し話すというストーリーです。
どうぞご覧下さい。

大変興味深い内容ですね。
フレスコ画や壁画だけでなく、下地となる石灰モルタルや漆喰についても
説明があると嬉しいのですが…。

楽しみに見たいと思っています。
ご興味を持った皆さまも是非ご覧になってください。
NHK教育「サイエンスZERO」のWEBサイト


また、「時を航るフレスコ」展の巡回展が、
7月に富山県の福野文化創造センター(ヘリオス)で、開催されます。


















~シルクロードを航るフレスコ画~
時を航るフレスコII
 シルクロードの技法と現代へのアプローチ

お近くの方は足を運ばれてはいかがでしょうか?
きっとフレスコの魅力にとらわれるに違いないと思います。