©伝統素材伝承支援協会 「民家の甲子園」九州地区大会 代表決まる 150 150

「民家の甲子園」九州地区大会 代表決まる

7月18日、鹿児島にて「民家の甲子園」九州地区大会が開催されました。

結果は
 大分県立竹田高等学校
 熊本県立菊池高等学校Aチーム

の順で全国大会出場が決定。

全国大会は昨年同様、
8月8日に香川県丸亀市猪熊現代美術館で行われます。

九州地区大会、残念ながら現地へ行くことが出来なかったのですが
かなり高レベルな争いだったそうです。

我が地元、大分の竹田高校は、昨年の文部科学大臣賞受賞校。
現地のレポートでも安定した強さを見せたようです。

そして、先日の熊本大会から勝ち抜いた菊池高校。
現地の写真を見てビックリ!


















写真の説明に切り絵を使う、ステキなアイデア。
そして、お嬢さん達が掲げる二つの言葉は…

肥後漆喰ひごじっくい」と「海鼠壁なまこかべ」!!

現代の日本のどこに、
この二つの言葉を説明できるティーンエイジャーがいることでしょう。
全国の左官ファンのおじさま方が
駆けつけて抱きしめたくなるくらい、嬉しい言葉です。

その写真に載っている海鼠壁は、
地元の左官さんがねこぼくを突いて造った熊本固有の漆喰で作られています。
そして、その海鼠壁のデザインも熊本で多く見られるもの。
熊本でしか見られない「風」の写真です。














個人的には熊本代表を応援したくなりました。
皆さんの全国大会での活躍を祈っています。