©伝統素材伝承支援協会 第二回 東九州古民家情報交換会 150 150

第二回 東九州古民家情報交換会

本日、福岡と大分2県の古民家再生情報交換会が開催されました。















各地での現状と現場に直面した状況。
それは生易しいものではありません。

それぞれの生の声を交換しながら、循環型建築社会「グリーン建築の構築」について
真剣に語り合いました。

各都道府県の古民家再生協会と伝統資財再生機構。
その皆さんをを支える機関であろうとする私たち伝統素材伝承支援協会と、
「食」をベースに生活のあるべき姿を追求しようとする新たなもう一つの団体。
(頑張りましょうね。姉さん。)

同じ意思をもつ全国の皆さんを効果的に支える機能を持ち続けたいものです。


そして、明日は第8回全国一斉「古民家鑑定士」講習・認定試験の9月検定。
高い志をもつ皆さんが集まり、そして合格されることを祈ります。

ただ、これまで以上に「難関」のようですね。頑張ってください。


大分会場は10月17日開催。
清い心と高い志を持つ皆さんの参加をお待ちしています。
第8回 全国一斉「古民家鑑定士」認定試験(9月/10月)

大分会場(他地域の実施要項は財団法人職業技能振興会のHPから)
 日時;10月17日(日)13時~17時
 場所;大分県総合社会福祉センター(大分市)

カリキュラム13:00~13:15受付
13:15~16:00試験前講習
16:00~16:45 認定試験

一般社団法人伝統素材伝承支援協会が現地での講習・試験を担当します。


詳細/お申し込み方法:
 古民家鑑定士認定試験の詳細およびお申し込みは、
 財団法人 職業技能振興会のHP からお願いいたします。

申込み締め切り;試験開始の7日前
          ただし連休が絡みますので、10/5を目安にして下さい。