©伝統素材伝承支援協会 古民家鑑定士の合格はただの入口 150 150

古民家鑑定士の合格はただの入口

明日は全国各地で「古民家鑑定士」認定講習並びに試験が実施されます。

私たち(社)伝統素材伝承支援協会も、
財団法人職業技能振興会より委託を受け、大分会場を担当いたします。

だから、その準備に一生懸命です。
今回から新しくなった分厚い教本。


伝統資財施工士の教本と共通ですので出題されない章もありますが、
それでもこのインデックスの数…。
多岐にわたる講義を限られた時間で行うための工夫ですが
まだまだ説明し尽くせません。


また、(社)伝統素材伝承支援協会にて書かせていただいた左官に関する部分。
それだけで半日は講義できるだけの内容です。


ですから、古民家鑑定士の資格取得は「入口」。
伝統資財施工士の資格取得も目指していただきながら、
互いに知識を提供し合い、学んでいくことが大切だと思います。

各地の受験者の皆さん、是非頑張っていただき

合格のあとは、各地の古民家再生協会にて
グリーン建築(循環型建築社会)の実現に向けて
私たちと共に頑張っていただきたいと思います。

なお、(社)伝統素材伝承支援協会は
各地での伝統素材と原料生産の支援に加え、
大分県での古民家の保存再生、伝統資財の活用・再利用の普及啓蒙、
そして全国の古民家再生協会の支援を行います。
会員募集については改めてご案内します。