©伝統素材伝承支援協会 おさらい 漆喰とは その3 150 150

おさらい 漆喰とは その3

今日は漆喰の中でも「本漆喰」についてその製法を。

本漆喰とは?
 現場で炊いたのりに麻スサなどを加え、
 更に塩焼き消石灰を加えて練り上げたもの。
ということでは予備知識のない方にはさっぱりですね。


のりを炊く、その「のり」は

 このような海藻を


 こうして煮溶かして作ります。


 で、網で漉す。


地域や漆喰の種類によって、
海藻の種類やのりの濃さ、温度や炊く手順は異なりますが
おおむね上記の通り。

 で、出来上がったのりに

 麻すさ(麻の細かい繊維)や


 消石灰を加え、練り上げれば一応は出来上がり。




使う材料は、石灰と麻と海藻、そして水。
これらだけで手間暇かけて出来上がるのが「本漆喰」です。

でも、のりを炊いている姿を見たことがある方、少ないですよね。

昔は漆喰の工事には必ず一連の作業は欠かせないものでした。
現代では、文化財関連の工事や
こだわりの左官さんが行っているだけではないでしょうか?
 
…お気付きですか?
 本来、左官職人さんのお仕事は、塗るだけでなく
 自らが塗る材料を作ることも仕事だったのです。


明日は終日行事がありますので、そのレポートを。
その次は「土佐漆喰」について説明します。