©伝統素材伝承支援協会 おさらい 漆喰とは その4 150 150

おさらい 漆喰とは その4

さあ、今日は土佐漆喰の製法です。

土佐漆喰は日本建築学会発行のJASS15にて
3か月以上発酵させたワラと消石灰を練り合わせ、
さらに1カ月以上熟成させたものとされています。

だから、まずワラを用意して


長さを揃え、硬い節を取り除いたのち
水分を加え発酵させます。


発酵がすすんだワラを消石灰と合わせ、水で練り上げます。


あれ?他の材料は? と思った方…
そうなんです。土佐漆喰はワラと消石灰と水だけで作られるのです。

一昨日の「本漆喰」との違いは
ワラが発酵して繊維がバラバラになったものが麻すさの代わりに。
発酵して溶けだしたワラの成分などが海藻のりの代わりに。

そうして漆喰となるわけですが、
さらにもう一味必要なのです。

土佐漆喰には土佐漆喰の技が必要です。
ちゃんと材料を使いこなし、ちゃんと仕上げられる腕が必要なのです。

だから、伝統技術に忠実な土蔵でも、


近代的な住宅においても、その重厚感に圧倒されるわけなんですよね。

土佐という雨風厳しい気候に耐えられるよう、
磨かれてきたその素材と技術。

伝統をベースに革新が加えられた、素晴らしい漆喰だと思います。


さて、次回は既調合漆喰。
メーカーが作る漆喰とはどういったものか?