©伝統素材伝承支援協会 おさらい 漆喰とは その6 150 150

おさらい 漆喰とは その6

今日は「琉球漆喰」。
名前の通り、沖縄県で作られている漆喰です。

「土佐漆喰の真似をした?」と云われることが多いのですが
ちょっと違いますね。
もっとも有名な?首里城は13~14世紀ごろのもの。
土佐漆喰は幕末から明治と云われていますから、
漆喰は琉球の方が古い。

沖縄は中国文化の影響が色濃く残っていた場所です。
もともと、大陸から渡ってきた漆喰。その製法は沖縄が源流かもしれません。


そんな琉球漆喰はムチとも呼ばれます。
ムチは「お餅」。
出来上がった漆喰の様子や最後に石臼で突くことから、
そのように呼ばれたのでしょう。

海藻が取れなかったから?という説もありますが
沖縄本島の北部では角叉が採取可能とのこと。
沖縄の地元でも漆喰の歴史は残されていないようです。


さて、そんな琉球漆喰の作り方。
まずは塩焼きの生石灰と切りワラを混ぜたものと水を用意します。














で、おもむろに水を投入。
すると、生石灰と水が反応を始めます。
ブクブク沸騰し始めているのが分かりますか?
ここから、近くにいる者は全員逃げます。

なぜかというと…爆発的に反応するからです。
湯気と飛沫が2m近く舞い上がり、
時折、未反応で残っていた部分が突如反応すると
ボンッと爆発して、煮えたぎる材料がはじけ飛びます。

だから反応の様子は撮影不可能


これが冷えた表面。激しい沸騰の跡が良くわかります。
で、ワラが擦りつぶれるまで、ペッタンペッタンと臼で突きます。

あとは、これを熟成させて…
最終的にココまで黄色くなるわけです。
黄色は全てワラから出た色。
土佐漆喰と同じく、紫外線にさらされることで少しずつ色が褪めていきます。


私にとって沖縄の大好きな風景は、青い空、赤い瓦、そして漆喰。


この文化は是非残して続けていただきたいです。

さて、漆喰の製法は一通り終わり。
次回からはそれぞれの原料について説明します。