©伝統素材伝承支援協会 講習受講申し込みは今週まで 150 150

講習受講申し込みは今週まで

第9回 「古民家鑑定士」認定講習・試験(大分会場)


今回から講習と試験が別日程となりました。
各都道府県会場での受講と別に都市部で試験が開催されます。
※ただし、試験当日に合否が確定するようになりました。


<大分県から受験される場合>
講習会場(大分)
 (他地域の実施要項は財団法人職業技能振興会のHPから)
 
 日時;平成23年1月22日(土)
 場所;iichiko総合文化センター 中会議室2(大分市)
     大分市高砂町2-33(OASISひろば21内)


カリキュラム13:10~13:30受付
13:30~16:30試験前講習

一般社団法人伝統素材伝承支援協会が大分での講習を担当します。




試験会場(福岡)
 (他地域の実施要項は財団法人職業技能振興会のHP
から)
 
 日時;平成23年2月6日(日)13時~17時
 場所;ももちパレス・ももち文化センター 会議室3(福岡市)
     福岡県福岡市早良区百道二丁目3番15号


カリキュラム13:10~13:20受付
13:30~14:15古民家鑑定士試験
14:30~16:00古民家セミナー(有料)
16:30合格発表


14:30~16:00に開催される有料セミナーは受講自由です。
試験の後、セミナー受講されない方は発表時間に会場へお戻りいただきます。




詳細/お申し込み方法:
 古民家鑑定士認定試験の詳細およびお申し込みは、
 財団法人 職業技能振興会のHP
からお願いいたします。


申込み締め切り;それぞれ7日前
          



昨年2月に始まったこの資格検定制度ですが
早くも全国で2000名を超える資格者が育成されています。


残念ながら有資格者が20名に満たない大分県では
本資格の有用性だけでなく
古民家や古材(こざい)を再活用することが、環境保全につながることや
古材自体がを再利用・再活用できる認識がほとんどありません。


今日も県内のどこかで取り壊され、廃棄されている古民家。
一般的な大きさのものが処分されると
ブナの木1300本が年間に吸収するCO2が排出されることになります。















「家」や「思い出」だけでなく、環境を、郷土を守っていかねばなりません。
高い志と清い心を持つ皆さまの参加をお待ちしております。




古民家鑑定士講習と同日、同会場にて17時~19時の予定で
伝統素材伝承支援協会会員の会 ガイダンスのほか、

今年初となる伝統素材セミナー「漆喰」を実施します。




「そもそも漆喰って何なの?」という基本的なことから
ブログでは書けない、漆喰の素材についてのホンネの話、
現在市場に溢れかえる「自然素材」の見分け方、
天然素材のウソホント…などなど、
色々とお話したいのですが、時間も限られています。


参加人数やその方々の顔ぶれで細かいテーマを決定しますが
「漆喰」については普段知ることのない内容を
素材の視点からわかりやすく説明します。


新たに古民家鑑定士になられた方々、
その知人の方より多くの方に伝統素材について知っていただければと思います。
当日、古民家鑑定士を対象とした「会員の会」のガイダンスを行いますが、
一般の方もオブサーバーとして参加いただけます。



 日時;平成23年1月22日(土)
 場所;iichiko総合文化センター 中会議室2(大分市)
     大分市高砂町2-33(OASISひろば21内)
進行予定16:45~17:00受付
17:00~17:30伝統素材伝承支援協会 会員の会
ガイダンス
17:30~19:00伝統素材セミナー「漆喰」
※会員の方は無料、一般の方は会場費として当日500円ご協力下さい。


<セミナー参加希望の方>
席の準備もありますので、参加ご希望の方は
伝統素材伝承支援協会 鳥越まで torigoe@dento-densyo.com


メールタイトルに“22日セミナー参加”とお書きの上、
【お名前】※お名前だけは必須
【会社名】
【連絡先】
などをメールでお知らせください。


※受講者の方は当日の申し込みでも結構です。


一般社団法人 伝統素材伝承支援協会
理事長 鳥越 宣宏
http://www.dento-densyo.com/