©伝統素材伝承支援協会 七度の焼失、再建へ 150 150

七度の焼失、再建へ

昨日の薬師寺さんの金堂再建の模様を見て
昨年10月に立柱法要が行われた、興福寺さんの中金堂を思い出しました。

興福寺さんの中金堂

江戸時代に仮再建された中金堂、解体されたのは平成12年。
そこから様々な調査発掘が行われての工事です。


昨年春には礎石が数多く整備されていました。
この辺りは中門や回廊でしょうね。




昨年10月には立柱法要。
36本の柱が建てられました。

柱に使用されたのは
直径80センチ、長さ10メートルでアフリカ・カメルーン産のケヤキだそうです。



奈良では興福寺さん以外にも

薬師寺東塔の解体修理

凍れる音楽とも呼ばれる美しい東塔。
工事は2019年までの予定です。
覆い屋根が組まれ、見られなくなりますが
エレベータ付きの見学施設が設置される予定です。
写真素材 PIXTA
(c) たかはし写真素材 PIXTA


正倉院の屋根葺き替え

シルクロードの東の終点とも呼ばれる
西方の宝が眠る「正倉」。倉庫ですね。
工事は今年から4年間の見込み。
建立時の瓦が公開されるとかされないとか。

Wiiii|wikipedia


金峯山寺 仁王門 解体修理

修験道でも知られる吉野の金峯山寺さん。
国宝の仁王門の傷みが激しく、
こちらも平成30年を目途に解体修理が行われます。
写真素材 PIXTA
(c) @yume写真素材 PIXTA

そのほか、
 当麻寺 西塔
 春日大社 式年造替
 唐招提寺
などなど、奈良では改修の目白押し。

見学の機会があれば、出来る限り参加したいですね。