©伝統素材伝承支援協会 練って出来上がるモノ 150 150

練って出来上がるモノ

今日10月10日はジュージューで「お好み焼きの日」。


関西のソウルフード、コナモンですね。

コナモンとは粉もん。粉を使った料理の総称です。
たこ焼き、お好み焼きをはじめとして、
ラーメン、うどん、そば、パン、パスタ、団子汁…。

とにかく小麦粉、米粉などなど粉を原料としたモノがコナモン。
関西人のみならず、日本人の半数のソウルフードであろうと思います。

先に申しておきますが…
お好み焼きが関西、広島どちらのものか協議するつもりは全くありません。


さて、漆喰も原料は粉なんです。
漆喰のほとんどは消石灰で出来ています。

あとはコレに麻すさと海藻のりを加えれば出来上がり。
ただ、ジュージューとは焼きませんが。

練り上げた漆喰、その滑らかさや弾力…触っていると、つい
お好み焼きを作っている気持ちになったり、ならなかったり(笑)

材料も大切ですが、
焼く人や塗る人によって出来上がりが左右されるところも何だか似ていますね。