©伝統素材伝承支援協会 花火の日と伝統建築と 150 150

花火の日と伝統建築と

8月1日の今日は「花火の日」。
今夜も全国各地で花火大会が開催されていますが…


さて、花火の日の由来の一つが富田林の花火大会。
世界一の花火大会として知られていますが…今夜開催。
今年も盛大だったようですね。

実はPL教(パーフェクト リバティー教団)の宗教行事なんです。
野球の甲子園常連校で知られるPL学園、有名ですよね。
花火大火ではなく「教祖祭PL花火芸術」というのが正式名称。

打ち上げ回数が2万。玉数は10万とも12万とも。

幼いころ富田林の親戚の家から見たことがありますが…
空一面の花火と轟音。そんな鮮烈な記憶が残っています。

さて、そんな富田林市には有名な重伝建地区があります。
それが富田林寺内町。
「寺内町(じないまち)」とはそもそもお寺を中心に造られた自治集落。
塀や濠で囲まれた町。一つのお城みたいなものだったわけですね。
近畿を中心に各地に造られていたわけですが…
その中でも有名なものの一つが富田林です。

今でも江戸期から昭和初期の伝統建築が数多く残されている
大変魅力的な場所なのです。

大阪 富田林(Tondabayashi,Osaka)
大阪 富田林(Tondabayashi,Osaka) / puffyjet


大阪 富田林(Tondabayashi,Osaka)
大阪 富田林(Tondabayashi,Osaka) / puffyjet


初めて訪れる際には
近年新たに建てられた「じないまち交流館」にまず行ってみましょう。
新たに塗られた漆喰がキレイな建物ですね。
こちらで案内資料がいただけます。


そんな伝統建築と漆喰の夜空を一面に彩る大花火。
また是非観に行きたいものです。