©伝統素材伝承支援協会 暑い暑いときには? 150 150

暑い暑いときには?

九州は連日の真夏日。とにかく暑い一日がまだまだ続いています。


すでに夏季の節電対策として「緑のカーテン」の準備を始めたところも多いようですね。


誰もが知っていることだと思いますが、「昔の家は涼しかった」わけです。
現代の都会のようにコンクリートの建物が乱立していたわけでもなく、温暖化が進んでいた(?)わけでもないのですが…

さらに言えば、クーラーどころが扇風機もない時代、今の私たちと同様に夏を迎えていたわけです。

昔から、浴衣などの衣服、住まいのつくりなどで、出来るだけ夏を過ごしやすくしていたことは皆さんご存知の通りですね。

特に住まいについては、何度か紹介した徒然草がその考え方を顕著に表しています。

徒然草 第五十五段

 家の作りやうは、夏をむねとすべし。冬は、いかなる所にも住まる。
 暑き比わろき住居は、堪え難き事なり。
 深き水は、涼しげなし。
 浅くて流れたる、遥かに涼し。
 細かなる物を見るに、遣戸は、蔀の間よりも明し。
 天井の高きは、冬寒く、燈暗し。
 造作は、用なき所を作りたる、見るも面白く、万の用にも立ちてよしとぞ、
 人の定め合ひ侍りし。

建築の関係者なら、なじみの深いものですね。
日本の家のあるべき姿を語っています。
夏に配慮した家を建てなさいということですが…
古文のままだと分かりにくいですね。なので思いっきり砕いた現代語訳を。

家は夏に住みやすいのがいいですよ。
冬は寒くてもなんとかなりますが
暑い時期に暑い住まいでは、我慢出来たもんじゃないです。

深く溜まった水は、涼しそうに見えませんよね。
浅めにサーっと流れている方がやっぱり涼しげです。

ちょっとしたことですが、引き戸の方が
蔀(しとみ)よりも部屋が明るくなりますよね。
天井が高い部屋は暖房効率が悪く、また、どうしても暗くなります。

しつらいは無用なところまでこだわった方が
見栄えもいいし、使えるもんです。  …というとこですかね。

徒然草が書かれた鎌倉時代よりも温暖化が進んだ現代、
暮らしやすいのは伝統建築で建てられた住まいだということ、
誰もが感じていながら、知っていながら、どこかで都合よく忘れようとしています。

日本の伝統は千年以上かけて、残されたのではなく
「進化」してきたのです。
住みやすい構造に過ごし易い素材。それが淘汰されながら残ってきたのです。


古くから残されてきたものの方が暮らしやすいのは?

当たり前のコトなのですね。


東京のテレビ局 東京MXの公式チャンネルで2年前に公開されたニュース映像です。