©伝統素材伝承支援協会 バリッと剥がして考える 150 150

バリッと剥がして考える

日めくりカレンダー。
毎朝バリッとはがしていくタイプが多いのですね。

今日の日付以外に、様々な情報が載っています。
暦(こよみ)や潮(しお)、月齢などのほか、年中行事なども。

今日の日めくりには…
ふむふむ、小田原でお祭りね。ふむふむ。と。

で、一番左の「天一天上」って何だろう???? と。


調べてみました。

陰陽の考え方で12の方角に神様がいるんだそうです。
それが十二天将。

あ、知ってる。毘沙門天とか、帝釈天とか…
と思ったら違うそうです。それは仏教の十二天なんですね。

この場合の十二天将は次の通り
十二天将 方角
前一 騰虵 (騰蛇・螣蛇) 南東
前二 朱雀
前三 六合
前四 勾陳 (勾陣) 南東
前五 青竜 (青龍) 北東
天一 貴人 北東
後一 天后 北西
後二 大陰 西
後三 玄武
後四 大裳 (太常)  南西
後五 白虎 南西
後六 天空 北西

昔から四神とよばれる朱雀、青竜、玄武、白虎は有名ですよね?
そのほかに合わせて12の神様がいるなかの一つに「天一」という神様も。

で、この天一神の居る方角に向かって行ったりなど、とにかくチャチャ入れると祟られるんだそうです。怖い神様ですね。しかも天一神、ひとところに居らず、ぐるぐると方角を変えるんだそうです。怖い上に迷惑な神様です。

源氏物語など、平安の文学にときおり出て来る「方違え」というのは、この神様の居る方向を避けるための行動だったそうです。

で、その天一神がしばらく天に帰ってるのが「天一天上」。この期間だけは方角を気にせずに済んだわけですね。

ただし、その期間は家に「日遊神」という神様がやってきて…家が汚いと祟られるそうです。

そんな神々がいた時代は…
 急がばまわれ。
 整理整頓清潔清掃しつけ。

なんとなく、豊かに平和に暮らせそうな世の中だったのかもしれませんよ。