©伝統素材伝承支援協会 一子相伝を楽しむ 150 150

一子相伝を楽しむ

一子相伝。

北斗の拳を思い出した方が多いでしょうね。
技術や言い伝えなど、言葉通り代々ヒトリに伝えていくものです。
Particolare della mossa mortale.
Particolare della mossa mortale. / alessino 

私が全国で出会う伝統素材の中にも、そういった限られた人にしか手にできないものが少なからずありますが…

今回、ワタシが求めた一子相伝は…時間が遅くなると入場券が必要になるんです。


1921年から脈々と伝えられる一子相伝の味。

 それが折尾駅弁、東筑軒の「かしわめし」です。

折尾駅以外に、小倉や直方などの周辺駅でも売られているんですが、時間が遅くなると構内の売店でしか手に入らないことが多いんです。

この東筑軒の味こそ、創業当時から伝えられるという一子相伝の味。

かしわめし弁当は珍しいものではありませんね?!
実際、北九州周辺でも数種類のかしわめしが売られていますが、全国の駅弁マニアが求めるのも、この東筑軒のものですね。

何種類かあるのですが、一番ご飯の多い、コレにしました(笑)




フツーは鶏肉の味でご飯を食べるのがかしわめしですが…鶏肉よりもご飯が美味いのが、この東筑軒のかしわめし。

雨が降ってなければ、もうちょっと早い時間であれば、駅前のベンチでお弁当と一緒に銀河鉄道の気分を味わうのですが…


全国から垂涎でありながら「知る人ぞ知る」名物。そういったものこそ、いつまでも求められる大事な地域のタカラなのかもしれませんよ。

ビジネスホテルでじっくり味わうことにします。