©伝統素材伝承支援協会 今日は海苔の日。ちゃんとパリパリしていますか? 150 150

今日は海苔の日。ちゃんとパリパリしていますか?

というわけで2月6日は海苔の日。
パリッとしたあの食感には石灰が役立っているってご存知ですか?


「乾燥剤」として昔から生石灰が利用されています。
生石灰は発熱の危険性があるとして取扱いの注意が必要ですが、通常の環境で空気中の水分をゆっくり吸えばこれほどの「高熱」を発することはありません。


見覚え…ありますよね?おせんべいや海苔などに入っている白い袋。まさにあの中には生石灰が入っています。


さて、そんな石灰。どうやって出来るのか、ご存知ですか?
何度も何度も説明してきましたが…、今回もおさらい。

山から採れた石灰石。炭酸カルシウムです。


高温で焼かれて二酸化炭素が抜け生石灰に。
酸化カルシウムに変化しました。


水と反応して消石灰に。
さらに水酸化カルシウムへと変化しました。




水との反応の模様を以前、動画でも紹介しましたね。

この機能が食べ物を乾燥した状態に保つんです。セッカイのセカイ、面白いでしょう?