©伝統素材伝承支援協会 発泡酒じゃなくてビール。愛され続けている理由はなんでしょう? 150 150

発泡酒じゃなくてビール。愛され続けている理由はなんでしょう?

春の嵐も続いてますが…
日差しも強くなり、ビールに生唾を飲む時期になりましたね。


1516年、500年ほど前の今日、ビール純粋令という法律がバイエルン公国で公布されました。
バイエルンは現在のドイツの都市。今もビールで有名な都市ですね。

その法律の内容は…

 「ビールは、麦芽・ホップ・水・酵母のみを原料とする」

というものです。

 混ぜ物禁止。

当たり前だと思われるかもしれませんが、食品でも飲料でも、建築材料でも、様々なものが添加されているのが現代の知られざる常識です。

それは…漆喰でも一緒。

そのまえに「漆喰」というものが何であるかということさえ、オボロゲになってしまっている悲しい現状もあるのです。

やはり「漆喰」はメーカー品であっても3つの原料を基本として、それを水で練って作るべきですね。
その原料は…
まずは 塩焼き消石灰


そして 麻すさ


さらに 海藻のり


これら3点を混ぜ合わせ、水で捏ねれば、メーカー製の既調合漆喰の出来上がりです。ここからさらに合成樹脂や化学繊維などなど様々なモノが添加されている製品も決して少なくありません。

「漆喰純粋令」というものも必要になってきたのかもしれませんね。