©伝統素材伝承支援協会 「一つずつで良いから、野の花を憶えなさい」…と。 150 150

「一つずつで良いから、野の花を憶えなさい」…と。

2年前、中国地方のとあるお寺さまを訪問しました。
人里を少し離れたところにあるそのお寺さんでは、私の恩師の知人が笑顔で待っていらっしゃいました。


そしてお通しいただいたお茶室には、無我の文字。
薬師寺さんの管長であった高田好胤さんのものでした。


無我。
仏教の言葉として色々なとらえ方があるそうですが、要は我執を捨てること。
俺が俺がではなく、己の欲のためではなく、自らの幸せのためではなく…。

ふと、忘れかけていないか?と自省しました。


さて、2年前、訪問したお寺のお坊さんからお話いただいたのは
「一日に一つずつで良いから、野の花を憶えてみなさい」と。

足元にある花の名前を知らずに通り過ぎること。
毎日を無為に過ごすこと。

人生に当てはめて考えれば、自ずと意味は分かりますよね?