©伝統素材伝承支援協会 5月29日はコンニャクの日。 150 150

5月29日はコンニャクの日。

石灰に食品添加用のモノがあることは
サトウキビと黒砂糖の説明でたっぷりとしてきましたね。

で、今年も今日はコレ。コンニャクです。
今日5月29日はこ(5)んに(2)ゃく(9)の語呂合せでこんにゃくの日(笑)。


きんぴら炒めもイイですが、シンプルに茹でてみそ田楽も…。


コンニャクは蒟蒻。

蒟蒻芋というサトイモの仲間から出来ます。
…そう。芋の仲間から出来るのです。

コンニャクイモをオロシて、芋からマンナンを取り出すのですが…
そのままでは固まりません。
アルカリ分と反応して固まるのです。

昔はワラ等を燃やして出来た灰を使い、灰汁で作っていたようですが…
今はほとんどのコンニャクには石灰が使われています。


だから、コンニャクの下ごしらえに「アク抜き」が必要なんです。


「イトコン」や「しらたき」もコンニャクの加工品。

「すき焼きで肉としらたきを近くで煮ると肉が硬くなる」のは
しらたきから出るカルシウムのせい。硬くなるだけでなく黒くなっちゃいます。
カルシウムは石灰由来のモノです。
なにはともあれ、低カロリー、高食物繊維、糖尿病予防、有害物質の排出…
コンニャクは健康に効果のある食品として知られていますね。

と、いうわけであまり知られていない石灰の役割でした。