©伝統素材伝承支援協会 もしかしたら… 2×4を伝統工法と呼ぶ時代が来るのかもしれません。 150 150

もしかしたら… 2×4を伝統工法と呼ぶ時代が来るのかもしれません。

今年も、10月24日は2×4(ツーバイフォー)の日。
2×4工法が年10万棟建てられることを目標に決められたそうです。

う~ん。これまでに何万棟が建てられたのでしょうか?
日本ツーバイフォー建築協会が公開している資料によれば、平成24年度までの累計着工戸数で200万戸。

年10万の目標が達成されたのは平成18年度のことでした。

一般社団法人日本ツーバイフォー建築協会-着工戸数の推移
http://www.2x4assoc.or.jp/builder/transition/transition.html



さて、ところで2×4(ツーバイフォー)ってご存知ですか?
一般的に木造枠組壁工法と呼ばれます。枠など主要な部分に使われる木材が2インチ×4インチであることから、そう呼ばれるようになったのですが…

う~ん。
我が国の伝統技術の集大成とは呼べないので、個人的にはあまり好きな構法ではないんです。


さて…ここで問題!2×4の重要文化財は存在するか?

 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・

正解は…

あるんです。
これが日本最古の2×4の建物。


札幌市時計台。
1878年に建設。1970年には国の重要文化財に指定されました。
築130年を越える2×4。

もしかしたら…
2×4を伝統工法と呼ぶ時代が来るのかもしれませんね。