©伝統素材伝承支援協会 雨の日は唄を。 150 150

雨の日は唄を。

雨、雨、雨。ジメジメしてイヤーな毎日。
ここ最近は「雨」が悪いイメージです。


雨の日が決して嬉しいわけではありませんが、たまには雨の歌でも。

そう思えるくらい毎日が雨で鬱陶しいわけです。
今日はオハナシよりも音楽でお楽しみください。

雨に唄えば


雨に濡れても


Here's That Rainy Day