©伝統素材伝承支援協会 In a sentimenal mood 150 150

In a sentimenal mood

今年も、この日は個人的なハナシです。
また明日からご覧ください。


毎年、7月17日になると思い出す恩人がいます。

…と毎年書いています。

実は1990年代にも関わらず、ワタシの初めてのアルバイトは、ジャズ喫茶でした。



横浜のうらさびれた街の知る人ぞ知る小さなお店。

名物?は頑固で優しいマスターとジャズのレコード、
そしてトイレのドアに貼られたウッドベース。

お客さんの大半は常連さん。
淡い照明の中、スピーカーから流れる大音量の中、
一心不乱に聴き入る人、お酒を飲みながらゆったりと酔う人、
冷めたコーヒーをすすりながらくつろいで読書する人、
そして二十歳そこそこのワタシに、人生の苦楽について語る人。

大好きな音楽が聴け、大好きな人たちとハナシができる
ワタシにとって、とても幸せなお店でした。

バイトの担当は土日の週2日。
お皿を洗いながら、お皿(レコード)を回す、幸せなひと時です。

自分も演奏するウッドベースが聞き取りやすいピアノトリオばかり回して、
よく常連さんに注意されたものでした。

バイト以外の日にも、音楽サークルの仲間と共に店に通い詰め、
音楽を聴きながら飲んだくれていました。

ワタシの一番大事な青春の思い出は、薄暗いその店の中にあります。


そんなお店の月1イベントが17日。
マスターが好きだったジョン・コルトレーンが亡くなった7月17日にちなんで、
17日の夜に回すレコードはリクエストも含め、全てコルトレーン。

常連さんにもそれぞれミュージシャンのこだわりがあり、
その日の来店を避ける人が多かったと思います。

忘れてやって来て、すぐに帰る人まで(笑)

それでも、お客が数人しかいない店のカウンターの奥でマスターは優しい笑顔。

 「今日はコルトレーンの日だからね。あの人は帰ったんだよ。」と。

優しい方でした。
大好きな方でした。
誰もがマスターのことを大好きでした。




お葬式の後、新たな方にお店がわたるまで、お手伝いを続けたあの店は
当時とは全く違うようですが、今も残っているそうです。

情けないことに、いまだに思い出すと泣き出しそうになるので、
マスターの命日には何もしません。
写真も思い出も、何もかもしっかりとしまい込んでいます。


が、今日だけは別。
年に1度、マスターのことを思い出してしまいながらコルトレーンを聴く日です。



I want to talk about you


I hear a rhapsody


In a sentimenal mood


On green dolphin street


Olé


It's easy to remember