©伝統素材伝承支援協会 漆喰に塗料(ペンキ)。 塗れる?塗れない? 150 150

漆喰に塗料(ペンキ)。 塗れる?塗れない?

もうすぐ連休。DIYの準備を着々としている方も少なくありませんね。
直前まで、DIYで漆喰を塗りたいと頑張っている方のために、おさらい。


「漆喰の上から塗料(ペンキ)を塗りたいのですが…?」

 漆喰に関する御相談の中でも比較的多い質問です。


見解はイロイロと分かれますが、私は「ダメです。」と答えています。
良いという方もいれば、ダメだという方もいるこの件、私たちがダメにこだわる理由をご説明します。(一般の方にも分かりやすいよう、あえて「ペンキ」と書きますね。)

漆喰にはペンキは付着しないから?

そんなことはありません。
漆喰の吸水性能を考えれば、むしろくっつき易いハズです。仮に表面の石灰が炭酸ガスと反応していても、漆喰の表面には微細な孔が無数にあります。

種類にもよりますが一般的に塗料に含まれる樹脂程度のオーダーなら、下地に喰い込み、良い結果をもたらすはずです。

ただ、同様の理由で、下地側に樹脂や溶剤を取り込みやすいことから、ドライアウトを起こしやすい傾向にあります。漆喰の塗り替え時にシーラーが多用されるのも同じ理由です。

じゃあ、シーラーを使えば塗れるの?

「塗る」には塗れます。上塗りの塗料も造膜することでしょう。
が、その後が怖いのです。

まず一つ目はちょっと難しいです。

漆喰の主成分である消石灰(水酸化カルシウム)は、二酸化炭素を吸着して炭酸カルシウムに変化します。  炭酸カルシウムは元の石灰石の状態。固く硬化するわけです。
が、その反応には大変長い年月を要するといわれています。

ということは、脆弱な部分が必ず残されていることになります。

下地に弱い部分があるまま、上に膜を張るとどうなるか?
下地をギュッと掴むように、表面には皮を張る力が働きますので、弱い部分が負けるとその部分が浮いてきます。

表面が浮くとどうなるか?この後の説明は必要ありませんね。


二つ目はわりかし簡単に理解できるかと。

漆喰には呼吸や吸放湿の機能があります。構造にもよりますが、壁の内部で発生した湿気を放出できますし、大気中の水分を取り込み、また吐き出しているわけです。

そこに水をも通さない塗料の膜が出来たらどうなりますか?
たとえ微量でも水蒸気の力はあなどれません。
極端な例ですが1mlの水が1気圧、摂氏0度の環境で蒸発した時の体積は1.24リットル。実に1240倍に膨れ上がるのです。水蒸気は内部から大変強い力で表面の膜を押し出します。塗膜は内圧に負け膨れ、剥がれ、見るも無残な姿に。水分に限らず、息をしているモノに蓋をしてはダメだということです。


だったら、すごく浸み込みやすいシーラーをたっぷり中まで吸い込ませて、漆喰を全て固めてしまえば?

理屈上はイケますね。ただ、大変なコストと労力がかかることでしょう。ならばそのコストで何度も左官さんがお仕事をできます。 

じゃあどうすれば?

膜を張る力のすごく弱い、かつ、あまりしっかりとした膜を張らない塗料で、表面にうっすら色を付けるだけなら。
 …それじゃ、塗る意味がありませんね。


漆喰に塗料を塗ってしまったあとの悲しい結末



さらに実例をご紹介します。

下地のひび割れが原因で起きるメクレ現象です。

一旦ひび割れが出来ると、漆喰に水分が取り込まれます。
その水分が抜けようとしながら、ペンキの膜を押し上げるのです。


次は一番多い現象。塗膜の浮きや剥離。




黒漆喰2枚目の写真の下部はまだ漆喰のまま。
黒漆喰が褪せてきた為、黒いペンキを塗ったのでしょうが、結局、漆喰の方がキレイに見えますよね。