©伝統素材伝承支援協会 日土友好のきっかけは悲劇から。 150 150

日土友好のきっかけは悲劇から。

エルトゥールル号遭難事件

今日は日土友好の礎になった日。

 「土」は「土耳古」。読めますか?トルコと読むんです。

明治23年の今日9月16日、和歌山県串本町沖でオスマン帝国のエルトゥールル号が遭難。台風で荒れた海の中、地元の村民が総出で救助にあたったものの、500名以上の船員が亡くなりました。


これが明治のエルトゥールル号遭難事件。
遭難事件の起きた地点そばの樫野崎灯台には慰霊碑が建てられ、今も慰霊祭が行われています。



日土友好の礎

私たち日本人はこの事件自体を知らないことが多いのですが、トルコにおいては、これを日本と土耳古(トルコ)の友好の起点と挙げられるようですね。

そして、樫野崎にはもう一つ大切なモニュメント。
数年前、話題になったケマル・アタテュルク像。新潟柏崎のトルコ村で放置されていたものが、日土友好の地へ移設されています。

互いの気持ちと歴史を尊重しながら、善く生きていかねばなりませんね。