©伝統素材伝承支援協会 今夜はグッスリ。 150 150

今夜はグッスリ。

9月3日は、ぐっ(9)すり(3)で「ベッドの日」なのだそうです。

グッスリは“good sleep” グッドスリープの略だと信じていたのですが、嘘だそうですね(笑)




さて、ベッドのお話。

正倉院には御床(ごしょう)というヒノキのベッドが2つ収められているそうです。
聖武天皇と光明皇后がそれぞれ使っていたものなのだそうですよ。
IMG_0567
IMG_0567 / wyzik


奈良時代にベッド。中国からの文化の影響なのでしょうね。
でも、やっぱりニホンジンはタタミが好き。板の間の上に畳をマットとして敷いて、その上に。

ただし、畳が平民でも使えるようになったのは江戸時代以降。それまでは高貴な身分の方だけが使えるものだったようですね。

結局のところ私たち下々の者は、ユカにそのまま、またはムシロを敷いて…という具合に。


それでも、ぐっすりと寝られたんでしょうね。