©伝統素材伝承支援協会 漆喰には何を挟む? サンドイッチの日。 150 150

漆喰には何を挟む? サンドイッチの日。

3月13日の今日はサンドイッチの日。
3(サン)と3が1(イチ)を挟んでいるからだそうです。 …なるほど。

なので、個人的に挟んでウレシイものを。
DSC_0380.JPG
DSC_0380.JPG / imgdive


いちごジャム
いちごジャム / dreamcat115


Pork cutlet (Tonkatsu)
Pork cutlet (Tonkatsu) / jetalone


豚焼きそば
豚焼きそば / ume-y




ちなみにこのブログ、グルメブログではありませんので、そろそろ本題へ。

はさむといえば…漆喰の場合は「中塗り」。


土壁やモルタルなどの上に漆喰を塗る際には、砂の入った中塗り漆喰を塗るんです。下地と上塗り漆喰との間に砂の層をはさむことで、下地からのチカラがダイレクトに伝わらないようにしています。

そうしないと塗ったばかりのころは大丈夫でも、漆喰が硬化するにつれて表面がひび割れだらけになるんです。

漆喰は空気中の二酸化炭素を吸収しながらゆっくりと、硬く硬く締まっていきます。その力に下地が耐え切れなければ剥落の原因にもなります。

さらにひび割れを防止するために、上記の写真のように、中塗り層にネットを伏せこむことも行われます。

左官さんの様々な工夫、見えないところに沢山あるんですね。


ちなみに塗料や防水の世界でも「中に挟む」工法がよく用いられます。

伸び縮みする塗料を中に挟んで硬い塗料を上塗りしたり、厚みをつけるための層を中に挟んで施工したり、仕上げの塗料が透けるのを防ぐために、色が付いた層を挟んだり。

詳しいオハナシを聞きたい方は…どこかで出会ったときにでも。
当然、左官さんや塗装屋さんに聞いても教えてくれると思いますよ。