©伝統素材伝承支援協会 花 と ちり際 150 150

花 と ちり際

節分を過ぎ、各地に「春」が訪れています。
今年の開花予報は、ほぼ平年並みのようですね。…と春の初めは桜のハナシ。



この言葉、ご存知ですか?
花は桜木 人は武士 柱は檜 魚は鯛 小袖はもみじ 花はみよしの

一休禅師の言葉とされていますね。
それぞれ一番美しいものを挙げたともいわれています。

桜の花や武士など、散り際の美しいものがそれぞれ例えられています。


ん?ということは? 「ヒノキのチリ際」って…


こんなチリ際を想像した方は建築関係者。

建築用語で、柱と壁の接する部分を「ちり」と呼ぶんです。
大工、左官、塗装、防水、とにかくほとんどの職人さんにとって、この「ちり際」をキレイに仕上げるのがまっとうなオシゴト。

 写真のちり際は…う~ん。

でも…たぶん、このイミではないと思いますよ(笑)
さて、もうすぐ春です。