©伝統素材伝承支援協会 拝めば4万6千日分 150 150

拝めば4万6千日分

今年も四万六千日。何の事だか分かりますか?

四万六千日は東京の浅草寺さんの行事の一つです。
毎年7月9日、10日に御参りすると、4万6千日分の御利益があるといわれています。

実に126年分。これはかなりのご利益ですよ。

それに合わせて、今日からほおずき市。
毎年、初夏の風物詩としてテレビなどでも紹介されますね。

浅草寺さんhttp://www.senso-ji.jp/




江戸っ子は5月の三社祭、6月の鳥越祭りで夏を迎え、神田、山王、深川祭りに隅田川の花火大会。

そんなこんなで東京の東側では今の時期、夏を感じさせるいでたちの方が多いですよね。


季節を感じる行事と服装、気持ちの良いものです。