©伝統素材伝承支援協会 ケータイの普及で なくなってしまったもの 150 150

ケータイの普及で なくなってしまったもの

明日にも新しいiPhoneの発表?

今度はどんな機能が加えらていれるのでしょうか???
ケータイ電話の新機種と共に世の中が目まぐるしく変わっていくような気がします。

ケータイの普及により減ってしまったモノって、何だか分かりますか?
今日9月11日は明治33年(西暦1900年)、我が国で初めて公衆電話が置かれた日です。




最近、いつダイヤル回しましたか?

アナタは…
 電話をするときに10円玉を沢山両替した経験のある方ですか?
 それとも、テレホンカードを使っていた方ですか?

現代は…公衆電話がどこにあるかも分からない時代に。

こうも変化の激しい「道具」も珍しいのではないかと思います。

さて、上の写真の懐かしい赤電話も含め、1955年から1995年の40年にわたって使われたのがコイン式。それ以降はテレホンカード式なんだそうです。

赤電話にノスタルジックな感傷を持つ大人の方も多いのではないでしょうか?

下の写真はなんといまだ現役のピンク電話。そして内線用に使われている黒電話。「昔の日本の機器ってどれだけ丈夫なの?」と不思議な気持ちになりますね。



そしてさらに、現役の電話ボックス。

有名な歌に出て来る「♪床屋の角にポツンとある公衆電話」です。
ピンときた方はテレホンカード世代なのでしょうね。