©伝統素材伝承支援協会 フレスコ画は石灰の賜物 その1 150 150

フレスコ画は石灰の賜物 その1

お待たせしました。フレスコ画の話です。

フレスコ画ってどんなものかご存知ですか?
西洋の絵画技法のひとつです。

最後の審判などルネサンス期の壁画、天井画は
ほとんどがフレスコ画だといわれています。




















どんなものか簡単に説明しますと
1.石灰モルタルを塗る
2.生乾きの時に、顔料を水で溶いたもので絵を描く
3.乾いたら出来上がり。

単純ですがかなり難しいものですよ。

絵の具と違い、重ね塗りして修正できませんし、
下地の石灰モルタルの乾き具合に合わせて塗らねばなりませんし、
材料の調達も難しい。

でも、やってみたいという方多いですよね。

で、我が町では年に1度、講師を招いて
フレスコ画教室というものを開催しています。















で、子供たちにも体験教室。
昨年は漆喰ケーキを造りました。














すみません。お茶は本物です。
でも、楽しそうでしょ?

ちびっこが造ったケーキの数々です。















大分、本題のフレスコから外れましたね。
続きは次回に。