©伝統素材伝承支援協会 漆喰にカビが生える その1 150 150

漆喰にカビが生える その1

漆喰を塗って数カ月、または何年か経って
「藻やカビが生えてきた」とご相談をいただきます。

部屋の内側の壁で、そんな相談はありません。
全て外壁での出来事です。


生えますよ。



ただし、条件があります。
漆喰の主成分は消石灰。
石灰にカビが生えることはまずありません。

問題は藻やカビの発生条件。
空気と水と土です。

空気が無いところはありませんから論外。

1.漆喰の表面に土埃がのる(畑が出来る)
2.漆喰はたっぷり水を吸い、畑に水が供給される

空気中を漂う藻やカビの胞子が畑に舞い降りると…
藻やカビの発生です。

一度生え始めると、死んだ藻やカビが畑に変わり
更に更に生育が進みます。

水を弾くはずのタイルや窓ガラスに生えてしまうのと
同じメカニズムです。

要はきっかけ。

写真は施工後半年で発生した黒カビ。














シミにようなモノが生え始めの黒カビです。
ルーペで拡大するとこんな姿が。














表面に出来てしまったひび割れが畑になったようです。
また、植物には酸性またはアルカリ性に対する適合がありますが
黒カビはアルカリが好きなようですね。


では藻やカビ対策をどうするか?

1)漆喰にあまり雨があたらないように建物を設計する。
  (雨のあたりやすいところに塗らない)

2)パターン仕上げなどにしない。できるだけ平滑に。
  (これは漆喰に限らず、ペンキでも一緒。)

3)生えた姿を風情として楽しむ。
  汚れもまた味わい。古刹などはそうでしょう!?

4)どうしても落としたいときは水周り掃除と一緒。
  次亜塩素酸系のカ○キラー、ハ○ターなどで根こそぎ。
  あまり固いものでこすらないこと。表面が荒れて更に生えやすくなります。