©伝統素材伝承支援協会 石灰と美酒を楽しむ 150 150

石灰と美酒を楽しむ

ちょっとお洒落にワインの話を。
写真素材 PIXTA
(c) jazzman写真素材 PIXTA

ワインの産地の土壌は様々ありますが、石灰質のものが多いようです。
当然、原料となる葡萄の生育に大きな影響があるわけです。
ワインの世界は奥が深すぎて、ワタシには荷が重いのでそろそろ本題を。


「ボルドー液」ってご存知ですか?

 塩基性硫酸銅カルシウムを主成分とした、農業用の殺菌剤です。
 簡単に言うと、硫酸銅と生石灰を水に溶かして混合したもの。
 19世紀にワインの産地、ボルドーで葡萄の病気予防の殺菌剤として発見された薬です。

 国内でも100年以上前から使われており、その用途は葡萄だけでなく
 麦・蒟蒻・じゃが芋・キャベツ・大根・瓜・トマト・ネギ・梨・林檎・柿・蜜柑・茶などなどの
 いくつかの病気に有効とされています。

 農薬ではありますが、原料が原料ですから、使用していても有機栽培の認定が受けられます。

 先日、七島藺のハナシでも紹介しましたね。


そう。美味しいワインが出来上がるのも石灰のおかげ(?)。
写真素材 PIXTA
(c) madss写真素材 PIXTA

でも、美味しいワインって高いんでしょ?
…とワタシも思います。

実際には100万はくだらない高級なものから数百円のものまで。

某テレビ番組で、有名にもなりましたが
カリフォルニアワインで「カリフォルニアのロマネコンティ」とも呼ばれるワイン。
美味しいそうですね。
カレラという会社のものだそうですが、その名前、スペイン語で「石灰窯」という意味。
ラベルマークも窯の絵だそうです。


ウマい酒のあるところ、石灰あり  …でしょうか。

ちなみにワタシは「大分麦焼酎」を強く応援しています!