©伝統素材伝承支援協会 漆喰に入れる「麻」を探す 150 150

漆喰に入れる「麻」を探す

今日は「苗字の日」なんだそうです。

明治3年、平民でも苗字を名乗ることが赦されたわけです。
それまでは「山田村の権兵衛」などと呼んでいたわけです。
時代劇で良く観るアレですね。

で、様々な苗字が出来たわけですが、
その中で注目したいのが「麻」。

「麻」がつく苗字、少なくないですよね。

 麻生(あそう)
 麻植(おえ)
 麻田(あさだ)
 麻原(あさはら)
 宅麻(たくま)
 麻布(あざぶ)

なんとなく、由来は分かりますね。
地名と同様、苗字も住んでいた地域や職業によって付けられたといいます。

そのオナマエが多いのは、
我が国のあちこちで、普通に麻が栽培されていたということです。

でも、今では栽培は禁止されています。
いわゆる「大麻取締法」というやつです。















とはいえ、昔の麻生さんが
大麻を栽培して、麻薬として使っていたわけではなく、
ちゃんとした農作物として栽培していたわけなんですが…。

現在では大麻を栽培している地域は国内でも数か所。
その他、苧麻や綱麻も数か所だけです。