©伝統素材伝承支援協会 「こけら」って書けますか? 150 150

「こけら」って書けますか?

久しぶりに「名古屋城本丸御殿」情報です。

本丸御殿動画ギャラリーに「玄関のこけら葺き」が公開されました。
http://www.hommaru-palace.city.nagoya.jp/

この動画ギャラリー、本当に貴重な映像ばかり公開してくださいます。
すごく勉強になりますね。ありがたい限りです。


「こけら(柿)葺き」ってご存知ですか?

板葺きの屋根は、茅葺き(かやぶき)に次いで古い歴史を持ちます。 
その中でも代表的なものがこけら葺き。

素材には檜(ひのき)、椹(さわら)、杉、榎(えのき)などの
2~3ミリ厚の削ぎ板が使われます。 

詳しくは名古屋城本丸御殿さんの動画で勉強しましょうね。

こけら葺きの建物で有名なものは金閣、銀閣。
そして那智の滝でも有名な青岸渡寺さんの本堂などがあります。


ところで、
こけら葺きの「柿(こけら)」 柿(かき)と同じだと勘違いされている方も多いです。
ところが、違う漢字なのです。

史実でも同じ漢字として使われているようなのですが、
MSゴシックでフォントサイズを大きくすると…


ほら、同じ木偏ですが「市」の字、
コケラがくっついているのに対して、カキは離れていますね。
だから元々は違う字なのです。

「コケラ」は8画、「カキ」は9画。
 こけら葺きに、カキの木は使いません。
ちゃんと字にも気をつけましょうね。