©伝統素材伝承支援協会 無我とココロ 150 150

無我とココロ

中国地方のとあるお寺さまを訪問しました。
人里を少し離れたところにあるそのお寺さんには
私の恩師の知人が笑顔で待っていらっしゃいました。




そしてお通しいただいたお茶室には、無我の文字。
軸の文字は薬師寺さんの管長であった高田好胤さんのもの。
あの金堂や西塔の建立に力を注がれたあの管長さんです。


その床の間の土壁には…
いえ、実際に訪れて自分の目で見ていただかないと分からないものです。

見て触れて感じること。
お坊さんからお聞きしたオハナシも大変感じ入りました。


ただただ出会いに感謝。
ヒトと出会うことで分かるコト。ヒトのためにできるコト。