©伝統素材伝承支援協会 読めそうで読めない「飛檐垂木」。いったいナニ? 150 150

読めそうで読めない「飛檐垂木」。いったいナニ?

たまには建築の豆知識もおさらいです。

というわけで、「飛檐垂木」…読めますか?


では「垂木」は? …「たるき」と読みます。屋根の下地となる野地板(のぢいた)を支える部分ですね。下の写真では鍵盤のように無数にある赤いトコロです。



で、問題は、飛檐垂木 =「ひえんだるき」と読みます。


下の写真で、二段になっている垂木の上の部分。四角い垂木が飛檐垂木と呼ばれるものです。
ちなみに下の丸の垂木は地垂木(じだるき)。軒が二段の様式は天平時代からのもので二軒(ふたのき)と呼ばれるそうです。

垂木の丸と四角も「地円飛角」という中国から渡って来た様式。


飛檐垂木がぐいっと反り、軒先のぐっとした美しいカーブを創るのです。
そんな垂木の加工技術…

以前から名古屋城本丸御殿の動画ギャラリーで公開されています。

名古屋城本丸御殿動画ギャラリー で「飛檐垂木の墨付け・加工」をご覧ください。

この動画ギャラリーには、我が国の伝統建築における貴重な映像が沢山公開されていますね。いつ見ても勉強になりますよ。