©伝統素材伝承支援協会 「お城」と聞いて どんな姿を想像しますか? 150 150

「お城」と聞いて どんな姿を想像しますか?

「お城」と聞いて想像する姿は?

多くの方はこんなカンジですよね?!


でも、それって半分正解で半分はハズレ。


というのも、上の写真は櫓(やぐら)や天守(てんしゅ)と呼ばれた、城内の建築物ですよね。
見張りや矢や鉄砲を放つ防衛拠点などの目的で使われていました。

ですが、お城の目的は「防衛」です。
建築物のほかに、堀や土塁、石垣、門や塀などが必要でした。

そして、建築物をつくる技術とともに、築城に不可欠とされたものが石垣なんです。


石垣と堀で周囲を固め、櫓から見張りや攻撃を行うわけですね。
大阪城 堀
大阪城 堀 / k14


さて、コチラは名古屋城の本丸。天守のほかに本丸御殿が建てられています。
お殿様ほか就寝から普段の生活はこの御殿。

天守閣のとっぺんに居たわけではないんです。
お城の常識、まだまだあるそうですよ。