©伝統素材伝承支援協会 夏は血に気をつけましょうね。 150 150

夏は血に気をつけましょうね。

8月21日の今日は「献血の日」。

輸血に使う血液として、昔は売血という制度があったんです。
それが廃止されて献血でのみ血を確保するように決まったのが
半世紀前の1964年のこと。

白蛇の騎士|Wikipedia

夏に気をつけたいのは熱中症と夏バテ。
特に夏バテは貧血と密接な関係にあるそうですね。

汗をかくとカラダの鉄分も失われてしまうのだそうです。
だから夏バテにスタミナ食として好まれるのが、造血作用のある食べ物ですよね?

豚・鳥・牛など肉類のレバー・赤身の肉、
カキ・シジミ・アサリなどの貝類やイワシ・煮干し・青魚、
ひじき・青のり・パセリ・ほうれん草・海藻類・枝豆・大豆・豆腐・納豆・
ピーナッツ・卵黄・にんにく・ごま・ココアなどなど、
貧血になりやすい夏に食べることで補っていきましょうね。

ちなみに、レバ刺しが禁止になったのは2012年7月1日のことでした。
でも、牛のレバーが対象なんですよね。豚や鶏の生食は制限されていないんです。

珍味とされる馬のレバーもご覧のとおり。


食の安全のお話はさておき、適度にスタミナ補給しながら夏を乗り切りましょうね。