©伝統素材伝承支援協会 林檎忌 五月雨忌 ドレミの日 150 150

林檎忌 五月雨忌 ドレミの日

1024年。今から千年近く前の今日、♪ドレミファソラシドが出来たそうです。
正しくはそう読むことが出来上がったということですね。

ということで今日は「ドレミの日」にちなんで音楽のお話。


誰もが小学校からオタマジャクシには悩まされるわけです。
楽器をしっかりと学んだことがあれば別ですが、たいがいの者は苦手だったのが音符にドレミ。


しかし、考えてみてください。 ドレミと呼ぶから音が分かるんです。
「世界共通のモノ」を表す数少ない「コトバ」がこのドレミ。英語が分からなくとも、アラビア語が分からなくとも、ドレミは分かるって凄いことではないでしょうか?


という、ドレミの日の今日は音楽にまつわる2つの記念日。

一つは麦の日(林檎忌)。美空ひばりさんの忌日だったのです。


そしてもうひとつは「五月雨忌」。
ご存知の方にしか分かりませんが、村下孝蔵さんの忌日。


「五月雨」といえばこの曲ですね。
と、いうよりサミダレという言葉を知ったのもこの唄からだと思います。

今日くらいは、素敵な歌を残した方々を偲んで。