©伝統素材伝承支援協会 建築と土木の違いは? 150 150

建築と土木の違いは?

毎年、11月18日の今日は「土木の日」。 土木という字をそれぞれ分解すると「十一」「十八」になるからだそうです。

では問題。
建築と土木の違いは?


 建築はヒトが活動する建物を作ること。
 そして、土木はそれ以外すべての工事。

というのが分かりやすい考え方のようです。




例えば、住まいは建築。トンネルは土木。

建築と土木の2つを合わせて「建設」。なるほど~ですね。


ということは、古墳は土木。


土塀も土木。


橋も土木。


お城もその目的から考えれば土木といえますね。


現代では、道路、上下水道、公園、街づくり、洪水を防ぐための治水工事など、我々の生活をしっかりと支えてくれているオシゴトですね。