©伝統素材伝承支援協会 峠の釜めしと15年 150 150

峠の釜めしと15年

今から15年前、1997年の今日、長野新幹線(北陸新幹線)が10月1日に開業することに伴い、信越本線の横川~軽井沢間が廃止されました。
この路線、碓氷峠を越えて往来する我が国の鉄道でも指折りの難関だったのです。

大きな地図で見る

そして横川駅で、峠を越えるために機関車をもう一台接続している待機時間に、乗客が買っていたのが、かの有名な「峠の釜めし」でした。

今でも「おぎのや」さんの峠の釜めし、各駅や店舗、新幹線の駅弁などで売られているんです。


写真は1982年に廃止された急行「志賀」。
東京・上野駅から長野・湯田中駅までを繋いでいました。




「懐かしい~」と思い出を振り返る方、多いでしょうね。
実はコチラ…高速のサービスエリアの中なんです(笑)

SAにおぎのやさんの店舗。そして車両を食事場所に使えるんです。
上信越道の横川サービスエリア。信州から関東へ向かう際には是非。



今でも変わらないその姿とその味。
「変わらないこと」って大切なことですね。

それも伝統と呼べるのかもしれません。