「囲碁」についてちょっと調べてみる

2013/01/05

よもやま

t f B! P L
1月5日。読んでそのまま「囲碁の日」だそうです。

囲碁(いご)…う~ん駄目です。私にはさっぱり分かりません。
GO - Battlefield B&W
GO - Battlefield B&W / ivva


囲碁という名の通り、碁石で囲んでいき、より広く囲った方の勝ちなんだそうです。
なるほど、こうして、勝敗がついた後の盤面をみると陣取りの結果が良くわかりますね。
end game
end game / torisan3500


…とはいうものの、簡単なものではありませんね。
歴史は中国の紀元前にさかのぼるもの。
我が国では平安時代の文学に多く出てきますね。

私たちの文化にも数多く影響しているようですよ。
    傍目八目、一目置く、下手を打つ、先手を打つ、駄目、駄目押し、八百長、布石、定石、捨て石、死活問題、大局観
これら全てのコトバのルーツは囲碁なのだそうです。
千年を越えて楽しまれてきたゲーム?競技?、ともかく、いつの世も熱中されてきたものであることが良くわかりますね。

白い碁石はハマグリ、黒は那智黒。碁盤に榧(かや)の木が最高級、線は漆を日本刀で引くんです。素材を調べるだけでも面白いですよ。