©伝統素材伝承支援協会 琉球漆喰 ムチ その1 150 150

琉球漆喰 ムチ その1

沖縄というと、南の国 キレイなハイビスカスが咲く…














こんなイメージですか?


赤い瓦の伝統建築も有名ですね。
赤瓦の民家の屋根は
シーサーが屋根にのってマジムンから家を守っています。
ちょっと片隅からのシーサーもいますが…














瓦を止めているもの、その上に乗るシーサー
どちらも漆喰なのです。
そう。ムチと呼ばれる琉球漆喰。
ほとんどが屋根用の漆喰です。

で、漆喰の塗りたての色ははこんな感じ。まっ黄色です。













琉球漆喰は元々は黄色い漆喰なんです。土佐漆喰と同じような感じですね。
実は二つとも原料は石灰とワラだけ。造り方が違うだけのようです。

土佐漆喰の製法は後日お話しするとして、
琉球漆喰は生石灰とワラ。そこに水を加えて混ぜると…
そう。生石灰だから沸騰しますね。
大変大変危険な製法かもしれません。


で、原料のワラがこんなの。なんだか分かりますか?
















実は綱引き(綱挽き)の大綱なのです。
沖縄の皆さんが一生懸命引っ張った綱ですから
きっとマブイがこもってますよ。













そうですよね(^^)/















ムチの話はまだまだ続きます。
次回をお楽しみに。