©伝統素材伝承支援協会 中国の歴史を支える“もち米モルタル” 150 150

中国の歴史を支える“もち米モルタル”

万里の長城をはじめとした、古代中国の漆喰には蜜蝋が使われていた…
と何かの文献で読んでいましたが。
写真素材 PIXTA
(c) Aちゃん写真素材 PIXTA

やはり出ましたか。
戦国時代以前の日本でも
漆喰の糊として米の煮汁が使われていたという話。結構有名ですね。
漆喰文化を伝えてきた中国、朝鮮半島で使っていないハズがありません。



そんなステキなニュースはnationalgeographic社にて。
 中国の歴史を支える“もち米モルタル”
大変面白い内容です。

写真素材 PIXTA
(c) Aちゃん写真素材 PIXTA

中国では1500年程前に漆喰にもち米が使われていた史実もあるそうです。

「じゃあ、元々日本の漆喰ももち米から?」と云われそうですが
奈良の古墳の漆喰からは海藻の胞子が見つかっているのです。
1300年前の日本では海藻のりも。

こうやって炊き糊を作っていたのでしょうか?

















謎は深まるばかり。
古代にロマンを馳せる、大変面白いニュースですね。