©伝統素材伝承支援協会 石膏プラスターと漆喰 150 150

石膏プラスターと漆喰

このブログですが、googleなどで検索された時にヒットした
検索キーワードの履歴が残ります。

様々な検索に引っかかっているのですが
この1か月での検索ワード1位は「口蹄疫&石灰」。
状況が状況ですから…。

トップ10にあるキーワードの中、
 石膏プラスターと漆喰
での検索が多いようですので、今日はその説明を。

電話での問い合わせも随分と多い内容です。



以前、せっこうボードと漆喰についての説明の中で触れましたが、改めて。

石膏プラスターは主にラスボードなどに塗られる下地材。
上塗り用には「混合せっこうプラスター」と呼ばれ、
消石灰や珪藻土などが混合されているものが多いようです。

今回は上塗りに漆喰を塗る際に多い質問と注意点を説明します。

石膏プラスターの上に直接塗れるの?

 塗れません。必ず完全乾燥させた後、シーラーの施工をお願いします。

 <注意点>
  1)吸い込みを止めないと下地に水を取られ、塗りにくいだけでなく
   初期の硬化不良を起こすことがあります。
  2)漆喰のアルカリが浸透しでボード表面の紙を傷めることがあります。


石膏プラスターにおっかけで塗れる?
 塗らないで下さい。
 必ず完全乾燥させた後、シーラーの施工をお願いします。

 <注意点>
  1)漆喰のアルカリが浸透しでボード表面の紙を傷めることがあります。
  2)同様の理由で、せっこうボードメーカーからも禁止されています。
  3)中には「おっかけ施工」を推奨している漆喰メーカーもありますが、どうなのでしょうか…


石膏と消石灰って同じもの?
 違うものです。
 石膏は硫酸カルシウム、消石灰は水酸化カルシウムです。

 なぜか「漆喰の主成分は石膏」とトンチンカンな説明をしているWEBサイトがあります。
 間違ってますよ。

「砂漠の薔薇」。多くは硫酸カルシウムで出来ています。
写真素材 PIXTA
(c) alshain写真素材 PIXTA


なんとなく、お分かりいただけたでしょうか?
そもそもの混乱の理由は「プラスター」という言葉。

英語で plaster は漆喰石膏バンソウコウも意味するのです。

混乱するわけですよね。


ちなみに現在の左官業界では
プラスター主に石膏を意味しています。
ただし、下地材で「○○プラスター」という名称が多く使われていますが、石膏を使っていないものも多いようです。
ドロマイトプラスタードロマイト(炭酸マグネシウムと炭酸カルシウムからなる鉱物)を主成分とした漆喰の仲間です。
保水性や粘性に富み、糊を加える必要がありません。
石膏プラスター主に石膏を主原料とした下地材をさします。
せっこうボードメーカー各社が自社のせっこうボード専用の下地材として販売しています。
日本プラスター栃木県にある漆喰やドロマイトプラスターのメーカーさんです。
左官業界の方には日プラさん(にっぷらさん)との愛称で呼ばれます。
ホームセンターのDIY漆喰でもお馴染みですね。
主に上記のように分けられています。

特に下地材の「○○プラスター」の呼び方が更なる混乱を…。

ちゃんと区分けして呼びましょうね。

「お前もか?」のブルータス石膏像。
漆喰で作るのは大変でしょうね。
写真素材 PIXTA
(c) 一期一会写真素材 PIXTA