©伝統素材伝承支援協会 6月25日は「住宅デー」 150 150

6月25日は「住宅デー」

今日は住宅デー
…正直、知りませんでした。

全建総連(全国建設労働組合総連合)が
アントニオ・ガウディの誕生日にちなんで制定したそうです。
今年で33回目。
う~ん、ホントに知りませんでした。

この全建総連、
わが国の建設産業で働く者の最大の労働組合で、かつ、日本の労働組合では4番目の規模にあります。
だそうです。
また、
組織人員:2009年12月末調査 69万1155人
組織対象者:大工・左官などの建設業に従事する労働者・職人、一人親方、手間請従事者等
建設国保組合:22組合
被保険者数:138万4727人(2009年3月末現在)
そうです。日本の伝統を支える方々の労働団体なのですね。


ですが、アントニオ・ガウディの誕生日にちなむところ、
なかなかお洒落ですね。
写真素材 PIXTA
(c) tksee写真素材 PIXTA

















建築物だけでなくものづくりに携わる者なら、
一度はスペインに訪れ、見に行きたいガウディの作品の数々。

誕生日にちなむ気持ちが良く分かります。
こんな幸せなタイルの使い方、左官職人でなくとも憧れますよね。
写真素材 PIXTA
(c) ロン写真素材 PIXTA



















でも、スペインといえばワタシの憧れNo.1はアルハンブラ宮殿
漆喰装飾の素晴らしさは世界的にも有名です。
写真素材 PIXTA
(c) sansho写真素材 PIXTA

















アルハンブラの素晴らしさ、YouTube動画でお楽しみください。
再生クリックで音楽も流れます。ご注意を。